2018年5月27日日曜日

何やら四方山話(42)

フクシマ原発震災被災地訪問バスツアーに参加してきました
再建された富岡駅前にて
いたるところに山積みにされたままのフレコンバック
去る5月26日に「脱原発やちよネットワーク」主催で「フクシマ原発震災被災地訪問バスツアー」があり、日帰りでしたが28名の参加がありました。私も参加しました。

当日はいわき市に住む「原発事故の完全賠償をさせる会」事務局長の管家新さんがガイドしてくれました。

富岡町~大熊町~双葉町~浪江町のルートで現地を訪問。4年前にも同様のツアーを行いましたが、当時は、瓦礫の山、仰向けの自動車など、生々しい被災の爪痕が多く残っていましたが、現在は一見して街並みは「復興」しているように見えます。しかし、現在も5万人以上の市民が避難所生活を強いられています。

バスで国道6号線を走ると、道沿いの住宅、商店、会社、学校など帰還困難区域が延々と続き、人影はありません。まさにゴーストタウンが続きます。

最後に浪江町にある「希望の牧場」に立ち寄って、代表の吉沢正巳さんの話を聞いてきました。国会前抗議行動に参加した方なら、牛のモニュメントを軽トラに乗せて街宣している光景を見たことがあるはずです。それが吉沢さんです。
市民に熱弁をふるう吉沢さん
300頭の牛たちはどうすればいいのか
吉沢さんは300頭もの「汚染された牛」を育て続けています。国産黒毛和牛ですが、もちろん売買はできず、国も殺処分するよう指示しています。しかし、吉沢さんは熱く語ります。「牛たちは、この事故を生き抜いてきた貴重な生きた資料だ。その調査をきちんと進めることで、将来に大きな資産を残すこともできる」と。

牧場にはボランティアも駆けつけ、牧場は運営されています。外国のマスメディアでも報道されています。

「希望の牧場」前にて
アベ政権は、第5次エネルギー基本計画を発表し「原発割合い20~22%。核燃料サイクル政策は維持し、原発輸出も積極的に進める」と発表。まさに情勢と逆行する愚策です。

「安くて安全」という原発神話は、とうの昔に崩壊しています。それでも、13兆円もかけて東電を支え、「もんじゅ」の失敗で1兆円以上をドブに捨てました。しかも、その負担は国民に押しつけようとしています。

原発が稼働ゼロの時期、国民生活に電力不足はありませんでした。政府は再稼働した原発を再びゼロにして、再生可能エネルギー政策に本気で取り組むべきです。

2018年5月21日月曜日

何やら四方山話(41)

「安倍9条改悪NO!3000万署名」の宣伝行動に参加しました
緑が丘駅デッキにて演説をしました
市民連合は頑張っています
5月20日、八千代市・習志野市・千葉市花見川区で構成される、千葉2区市民連合による「安倍9条改悪NO!3000万署名」の署名・宣伝行動が八千代市の緑が丘駅頭で行われ、36名の市民が行動に参加しました。

2区市民連合だけではなく、八千代年金者組合、八千代9条の会、花見川革新懇。そして立憲民主党、日本共産党、新社会党、緑の党、市民ネットなども参加してマイクを握ってのアピール。私も市民連合の賛同人となっている無党派市議として参加しました。

安倍政権による特定秘密保護法、戦争法、共謀罪、などの一連の悪法に続き「働き方改革」とは名ばかりの過労死促進・残業代ゼロ法案を許せば、安倍政権は増長して、9条改悪策動をさらに強めることになりかねません。逆に3000万署名運動の成功はアベ政治を打ち倒す運動への道筋になり得ます。

この間の安倍内閣支持率の低下に見られるように、悪法の強行採決、森友・加計・イラク日報・セクハラ問題、アベノミクスの失敗など、国民不在のアベ政治への不信はさらに高まっています。

しかし、肝心の野党が党利党略の思惑で動いていたのでは、結局は利敵行為になって、せっかくの政権打倒へのチャンスを逸してしまいます。

市民連合は野党共闘の結実をめざして奮闘しています。

2018年5月18日金曜日

何やら四方山話(40)

自衛隊幹部・暴言問題
小西参議院議員の話を聞いてきました
事件の経緯と問題点を話す小西議員
会場は参加者で満席に
すでにマスコミ報道されていますが、戦争法に反対している小西洋之参議院議員(当時民進党・現無所属)に対して、防衛省統合幕僚監部に勤務する現役3等空佐が「お前は国民の敵だ」「気持ち悪い」などと暴言を浴びせた事件。

5月17日に、「小西議員から直接話し聞こう」ということで、自治体議員立憲ネット、市民ネット千葉などの呼びかけで、千葉市において集会が開かれ、多くの市民が参加。私も参加してきました。

4月24日に公表された中間報告によると、自分の身分を明かし「お前は国民の敵だ」「気持ち悪い」「国のために働け」「ばかなのか」などと暴言を繰り返したとのこと。

これらの行為は、自衛隊法61条の「政治的活動の制限」や58条の「隊員は常に品位を重んじ、いやしくも隊員としての信用を傷つけ、または自衛隊の威信を損するような行為をしてはならない」に違反。

それに留まらずシリビアンコントロール(文民統制)を脅かす大問題を意味することは明らかです。

防衛省は空佐を「処分した」としていますが、訓戒処分。昇任に直接影響する懲戒処分には至らない軽い処分でした。むろん小野寺防衛大臣、河野統合幕僚長は、お咎めなし。

防衛省の最終報告では「国会議員は国民の代表として国会による内閣に対する監督(自衛隊に対する文民統制を含む)の機能を担う立場にあるが、幹部自衛官はもとより自衛隊員がこのような暴言を含む不適切な発言を行うことは断じてあってはならない」とされていますが、この始末。

小西議員は「平和と民主主義を損なう問題」と指摘。今後も国会で断固たる対応をする考えであることを表明していました。

私も、今回の事件が単なる一自衛官個人の問題ではないと思います。戦争法を強行採決し、憲法9条を改悪し、日本をファシズム社会に引き戻そうとするアベ政権を許さないたたかいの問題として捉えるべきです。

2018年5月14日月曜日

不肖・三田登がモノ申す!(94)

世論と乖離した「第5次エネルギー基本計画」の愚
アベ政権はいつまで愚行を重ねるつもりなのでしょうか。

政府が今夏の閣議決定を目指す「第5次エネルギー基本計画」の原案で「原発20~22%。核燃料サイクル政策は維持し、原発輸出も積極的に進める」と発表。原発を「重要なベースロード電源」として従来計画の位置づけを維持。原発推進という従来の姿勢を崩していないといいます。

しかし、そうなると原発を30基は稼働する必要がありますが、むりやり再稼働させた原発は現在9基。なんとも現実と乖離した計画です。

福島原発事故の賠償で、国は東電への支援に13兆円を費やしていますが、結局はそのツケを国民に押しつけることになることは明らかです。費用はさらに膨張していくことでしょう。

核燃料サイクルも、ほぼ稼働しないまま廃炉化して1兆1300億円をドブに捨てた「もんじゅ」の大失敗を無視しています。

原発輸出もうまく進まないのも当然。原発に対する国際世論の趨勢は「脱・非原発」だからです。お坊ちゃま宰相・アベ総理が現実を直視できないのはモリ・カケ問題だけではないようで「採算性・民意とズレ」(朝日新聞)を無視して、さらに原発の推進と輸出に舵を切ろうとしています。

やはり戦後最悪の宰相、アベ政権を打ち倒さなければなりません。

2018年5月4日金曜日

何やら四方山話(39)

憲法集会に参加してきました
会場を埋めつくす参加者
署名が1350万と中間発表
八千代市民参上!
5月3日の憲法集会は約6万人の参加者で会場の臨海広域防災公園を埋めつくしました。

冒頭で落合恵子さんは「アベは嘘つき」と糾弾。憲法学者の山内敏弘さんも「安倍首相は九条に自衛隊を明記しても任務は変わらないとウソをついている」と訴えました。

その後、政党や様々な分野で運動をしている方々からの発言が続きました。特に高校生平和大使のしっかりとした発言には感心しました。

また、3000万署名が現在1350万筆に上っていることがいることが発表。さらに目標に向かっての奮闘が求められます。

私たち八千代市からも、「市民アクション八千代」「脱原発ネットワーク八千代」「9条の会・八千代」「千葉土建」など、個人参加も含めて延べ36人が参加しました。パレードも敢えて長いコースの豊洲コースを選んで、沿道にアピールしました。

すれ違う車やバスから手をふる人も多く見かけ、連帯感を感じました。9条改悪を絶対に阻止し、アベ自公政権を打倒しましょう。

2018年4月27日金曜日

不肖・三田登がモノ申す!(93)

党利党略の政治は支持されない

刻々と動く相関図。党利党略では国民に支持はされない
民進、希望両党が合流して、「国民民主党」と名乗るとのこと。

立憲民主党もあるので実に紛らわしい。経緯もややこしい。何度も説明図を見直さなければ飲みこめないのは、私の頭が悪いせいだけではないと思うのです。

「衆参両院議員を合わせ、野党第1党の立憲民主党を上回る、70~80人規模での旗揚げを目指す」(現在は計107人)としていますが無理な話。離反者が続出しています。

「それなら最初から分かれなければよかったじゃないか」という国民の声は実に健全な反応です。

衆院では、民進党12人のうち参加が確実なのは3人。細野豪志元環境相は無所属。野田、岡田氏らはどうするのか。参院でも、希望の3人全員が国民党に参加せず、希望分党後の別の新党に移る予定。いよいよ分かりにくい。

結局は、目線が国民不在の党利党略で動くからこうなる。自公とどこが違うというのか。ややこしい経緯だけでなく、今後の動きは、さらにややこしくなる。挙句の果て、新党が自公政権の補完勢力にならないことを「希望」します。

2018年4月24日火曜日

不肖・三田登がモノ申す!(92)

一日も早く安倍内閣総辞職・総選挙で国民の審判を!

中谷元・元防衛相が、TBSテレビの「時事放談」で、まともなこと?を言っているようですが

「(セクハラをめぐる問題について)非常に対応がお上意識で、国民をなめているようだ。誠実さを感じない」

「いまだに(森友学園の)書き換えの報告も明らかになっていない」「他の省でも、(加計学園問題では)証拠の文書が出てきているのに記憶にないと言う。このままでは国民は納得いかない」

そして、「巧詐不如拙誠(こうさはせっせいにしかず)」と、決め台詞。意味としては「巧みにごまかしたものは、拙くても誠意のあるものには及ばない」という中国戦国時代の思想家・韓非の言葉ですが、「富国強兵」の思想家だから防衛大卒、元防衛相としてはお好きだったのかも。なるほど、防衛相時代では、いつも国会答弁で野党の追及にシドロモドロ。自分としては「拙くても誠意がある」と、今更ながら弁明したかったのか。でもあんたが言ってもなあ…。もはや過去の人だし。

そして、もう一人、国民をなめている愚かな議員を追加。それは自民党の長尾敬衆院議員(大阪14区)。

22日、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を受け、黒い服の装いで抗議する野党の女性議員らについて「セクハラとは縁遠い方々」などとするツイッターの書き込みを削除して、あわてて謝罪。

ネット上に掲載した文章で「セクハラにあたるというご指摘を真摯に受け止める」と説明したとのこと。本当に、どいつもこいつも安倍政権下の政治家はダメな奴ばかり。

まあ、親分がダメな奴だから当然か。こうなれば一日も早く内閣総辞職・総選挙で国民の審判を仰ぐべきです。

写真上:過去の人、中谷氏 

写真下:愚かな人、長尾氏